PHPのバージョンUP の警告

◎ WordPressから、PHPのバージョンUP の警告がきた。

先日のエントリのように、久々にサイトのメンテナンスを行おうと思ったら、WordPressのダッシュボードの一番上に、上記のような PHPのバージョンUP について、現在のバージョンが安全でないので、バージョンUPをするように警告が出ていた。

◎ 困ったら、検索だ。

ということで、いつものようにGoogle先生で検索してみたところ (あ、なにやらアルゴリズムの凄いアップデートがあったそうだよね) 、ぴったりの指南サイトを見つけました。 

なんと、そのまんま、ビンゴ!!なサイトですよ。

⇒ ワードプレス「PHPの更新が必要です」と出たときの対処法

さくらインターネット「ログイン」⇒契約情報⇒契約サービスの確認⇒
契約サーバの「サーバ設定」へと進む⇒ アプリケーション設定内「PHPのバージョン選択」⇒ PHPの新しいバージョンにチェックを選択して終了!  ※詳細は上記サイトをご覧くださいね。

この作業でPHPは最新Verに更新されなく、最初に記載したアラートは出なくなりました。めでたしめでたし。

切れた SSL証明書の更新 (SAKURA)

◎ SSL証明書の更新 が必要になった(期限切れた)

実は、このサイトのSSL証明書の有効期限が9月で切れておりました。。。注意のMailは何度か来ていたんですが、サイト自体は問題なく見て例たので、忙しさを理由に詳しく内容を読まずに持ったらかしにしていたのがまずかったのです。

そして、、、11月にサイトを見てみたら、、、Googleさんのポリシーに乗っ取り、SSLの証明書の期限が切れたサイトは、表示されなくなっておりました。

慌てて、当サイトのサーバーとして利用している、さくらからのSSL更新手順の記述をチェックしてみたのですが、更新手順しかなく、、私のように期限切れでアウトなものの復旧方法の記述は見当たりませんでした。

そこで、サポートセンターにMailしてみたところ、翌日には回答が返ってきています。さくらのサポートさん、優秀ですよね。ありがとうございます。

◎期限切れのSSLは削除して、再申請。

サポートさんからの回答は、現在のものを削除して、再度申請しなおしてくださいとのことでした。

ということで、他にも同様の症状の方のために、教えていただいた復旧手順を共有いたしますね。

お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
さくらインターネット カスタマーセンターの◎◎と申します。

恐れ入りますが、該当ドメイン【kurarar7.com】の有効期限が失効しておりますため、お手数をおかけしますが一度、SSL設定を削除、再度申請が必要でございます。

続きを読む

LINE広告 の豆知識

LINE広告 のセミナーに行ってきた。

今回は LINE広告 いわゆるLAP(LINE Ads Platform)の説明会に行ってきたので、そのメモを忘備録がてら、記載しておきますね。

【LINEの説明】

LINE、スマートポータルを目指している。
・MAU8000万人超、日本人口の63.1% 
・DAU86%
 ※2019年4月
⇒50歳以上が30%もいる。

【LINE Ads Platformについて】

1:LAPとは

LINE Ads Platformのこと。
下記の3つで、LINE Biz-Solutionを形成。
⇒①LINE Ads Platform、②LINE Sales Promotion、③LINE Account Connect

LINE Biz-Solutionの資料
LINE Biz-Solutionの資料

2:LAPの販売状況

・業種別Ranking(販売額)
 ⇒①コスメ、②健食、③人材、④金融、⑤ゲームの順

・CPA事例(うまくいっているもの)
(コスメ)50万/月、125CV、CPA4000 円
 他の業界では、⇒(人材※登録)CPA1000円、(英会話※資料請求)CPA4000円 、(健食※購入?)CPA5000円

3:効果を出す雨の手法と事例

<効率の良いターゲティング>
  ↓
①類似配信(CV類似、フォーム類似、カート類似)
②リターゲティング(LPリタゲ、フォームリタゲ、カートリタゲ)

・効率の良いCR
※シンプルできれいな画像が良い成績。
  ↓
①商品単体・写真一枚絵
②人物単体・パーツアップ 
 ※NGになるものは、人が不快に思うものが多い。
 ex.荒れている肌、目とか局部の超アップ等
 
 ダイエット食品等のBefor Afterは大丈夫か?
 ⇒ ある程度の現実感がある数値が目安。
 ※アプリ等の場合は、言えないことのほうが多くなる。

続きを読む