LINE広告 の豆知識

LINE広告 のセミナーに行ってきた。

今回は LINE広告 いわゆるLAP(LINE Ads Platform)の説明会に行ってきたので、そのメモを忘備録がてら、記載しておきますね。

【LINEの説明】

LINE、スマートポータルを目指している。
・MAU8000万人超、日本人口の63.1% 
・DAU86%
 ※2019年4月
⇒50歳以上が30%もいる。

【LINE Ads Platformについて】

1:LAPとは

LINE Ads Platformのこと。
下記の3つで、LINE Biz-Solutionを形成。
⇒①LINE Ads Platform、②LINE Sales Promotion、③LINE Account Connect

LINE Biz-Solutionの資料
LINE Biz-Solutionの資料

2:LAPの販売状況

・業種別Ranking(販売額)
 ⇒①コスメ、②健食、③人材、④金融、⑤ゲームの順

・CPA事例(うまくいっているもの)
(コスメ)50万/月、125CV、CPA4000 円
 他の業界では、⇒(人材※登録)CPA1000円、(英会話※資料請求)CPA4000円 、(健食※購入?)CPA5000円

3:効果を出す雨の手法と事例

<効率の良いターゲティング>
  ↓
①類似配信(CV類似、フォーム類似、カート類似)
②リターゲティング(LPリタゲ、フォームリタゲ、カートリタゲ)

・効率の良いCR
※シンプルできれいな画像が良い成績。
  ↓
①商品単体・写真一枚絵
②人物単体・パーツアップ 
 ※NGになるものは、人が不快に思うものが多い。
 ex.荒れている肌、目とか局部の超アップ等
 
 ダイエット食品等のBefor Afterは大丈夫か?
 ⇒ ある程度の現実感がある数値が目安。
 ※アプリ等の場合は、言えないことのほうが多くなる。

続きを読む

自転車のチェーン交換

〇 自転車のチェーン交換 をしてみよう。

DIY忘備録、初回は 自転車のチェーン交換 についてです。 小学生の次男に長男が何年も前に使っていた自転車を与えようとしたところ、、、、チェーンが錆びて動かなくなっていたので、チェーンの交換をすることにしました。

〇 最初にすべきこと。

この手のDIYは、昨今ではとても楽になりました。最初にするのは「検索」です。検索すると、先人達の指南Blogや動画がワンサカ見つかります。 そこで概要を把握して、①自分でできそうか判断する、②どこまでを、何を使用/購入して実施するかを決める、そして③必要な部品/ツールを調達する という段取りになります。

まず、指南サイトや動画を探そう。

色々さがしてみて、最も分かりやすかったのがこのサイト → 元自転車屋が教える!チェーン交換の方法[写真付] 写真付きでとても丁寧に教えてくれます。
特に役に立ったのが、チェーンの長さをどのように決定すればよいのか?ということで、基の自転車のチェーンの長さではなく、チェーンが伸びていて長さで合わせるとチェーンの数が合わなくなるので、チェーンの数を合わせてカットするということでした。

次に役にたったのが、YouTubeの指南動画です。やはり、全くの初体験の作業ですから、動画で、実際の手順を確かめたいところです。ということで、色々検索して、最も分かりやすすく解説されていたのが、この動画です。※YouTubeの「Products Riteway」というチャンネルさんです。

次に、チェーンカッターの使い方の指南動画です。※こちらはYouTubeの「
桜山整体院自転車部」というチャンネルさん
です。

本当に助かります。ありがたい動画さんたちです。
これらを見て、チェーン&’チェーンカッターを購入すればチェーン交換が出来そうだとわかりました。


部品/道具を調達しよう

次は、チェーン&チェーンカッターを探して購入する番です。
探し物はAmazonです。検索すると、下記の商品が、金額も安く評判もよさそうです。
しかも “GOLD!” カラーのチェーンですぜ。子供が大喜びする事間違いありません。
さらに、チェーンカッターセットの組み合わせもあるので、そちらを購入しました。


〇 さあ、チェーンを切ろう!

まずは、錆び錆びになって動かなくなったチェーンを、チェーンカッターを使って切ります。

錆び付いたチェーン。ヤバイですね。
チェーンカッターを、チェーンの継ぎ目の軸の場所に合わせて固定。ぐりぐりまわして切断です。
チェーンの切断完了です。錆びて表面がボコボコですわ。

◎次は、新しいチェーンを取り付けよう。

上記の錆び錆びのチェーンを伸ばして、新しいチェーンと並べます。そして、実際の長さではなく、チェーンのブロック?数が同じ個数の場所で、切断します。

GOLDチェーン 良い感じです。

その後、チェーンカッターで繋いで出来上がり!

チェーンをつなぎます。
チェーンだけが、めっちゃゴージャス!

前半の動画を見ながら、Amazonで部品を調達すれば、ご自宅で簡単D・I・Yって感じで出来ちゃうんで、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ではまた。

BtoBマーケティング を考える

◎ BtoBマーケティング について少し

今回は BtoBマーケティング について、少しお話してみたいと思います。

広告会社でマーケティングの仕事をしていると、いろいろな業種/業態の商品/サービスのお手伝いをさせていただくことが出来ます。その中でBtoBの企業さんのお手伝いもよくさせていただくのですが、他の業界とはちょっと違う用語や考え方が普通にでてきますので、今回はその入り口のあたりのことを書いておきたいと思います。

BtoBマーケティング ファネル
BtoBマーケティング ファネル

◎ リード獲得 について

B2Bマーケティングの話では、多くの場合「リード獲得」というものがセットで語られることが多いかと思います。
この「リード」とは何かというと、一般的に”見込み客”のListのことを指します(とはいえ、使われ方によってそのレベルはいろいろです)。
リードは広告や展示会セミナー、資料請求、問い合わせなどで集めるのが一般的です。ちなみに、リードを獲得する活動のことを「リード・ジェネレーション」とも言います。ちなみに、最近は「リード獲得保障型」の広告商品も出てきていて人気です。

◎ リード育成 する

「リード」を獲得すると、その次に話題になるのが「育成」です。この「育成」のことを「 リード・ナーチャリング 」とも言います。
上記で獲得して「リード」は、「説明希望」「見積もり希望」等のすぐに営業活動に繋がるものは直ぐに営業担当者へ回し、それ以外は「育成」 フェーズにまわします。
この育成は「メルマガ」や「新商品/サービスのお知らせ」や特典のオファー等で行うことが一般的です。
これらの育成において、一定レベル以上のステータスになったListに営業がアプローチを行うという流れになります。

◎よく出てくる用語

《 MQL 》
マーケ/インサイドセールス部門において一定レベルに到達したリード。
※営業的な接触する意味のあるリスト。商品/サービスの説明/購入ガイドなどの営業接触の契機となるようなフォームなどのDL/問い合わせ者など。

《 SQL 》
営業部門に引き渡され、実際に営業がアプローチするリスト。失注や確度が低かったりしたものは再度ナーチャリングを行います。

今回は、このへんで。