woman in pink long sleeve shirt holding white plastic cup

《保存版》視聴率やGRP1%の 視聴人数 について

今回は、テレビCMを放送する際の発注単位として用いられる「世帯視聴率」による 世帯GRP (Gross Rating Point)や、「ターゲット視聴率/個人視聴率」によるTRP/個人GRP という単位についてや、TVCM の 視聴人数 について、そして、1人あたりの到達単価やCPM について書いてみます。

GRP とTRP とは何か

以前にも少し書きましたが、 テレビCM の出稿量を表す単位として、昔から使われている世帯視聴率による「GRP」(延べ視聴率/Gross Rating Point)と、最近使われるようになった「ターゲット視聴率/個人視聴率」による「TRP」(ターゲット視聴率/個人GRP/Target Rating Point)というものが利用されています。

これは、テレビの視聴率を積み上げた数値で、テレビCMが流れた時間帯の視聴率の合計数値と考えてください。

※個人視聴率/世帯視聴率についてはこちら(↓)の記事を参照ください。


視聴率1%の 視聴人数 は?

では、視聴率10%の番組は、何人の人が見たことなるでしょうか?

下記に「世帯視聴率」及び「個人視聴率」別に、視聴率1%あたりの 視聴人数 / リーチ数を記載しておきます。 


テレビ視聴可能世帯数/人数(2017)※ビデオリサーチのデータを参照

※世帯数世帯数1%あたり
関東地区18,567,000185,670
関西地区7,159,00071,590
名古屋地区3,915,00039,150
《世帯視聴率(世帯GRP)》
※人数4歳以上人口1%あたり
関東地区40,818,000408,180
関西地区15,738,000157,380
名古屋地区9,249,00092,490
《個人視聴率(TRP/個人GRP)》

最近のテレビ番組の視聴率ってどれくらいなのでしょうか?イメージが湧きやすいように、最近の番組の視聴率から視聴世帯数& 視聴人数 を計算してみました。

『ドラゴン桜』 
世帯視聴率(14.4%)、個人視聴率(9.3%) 
※2021年6月6日(関東)
⇒ 18,567,000世帯 × 14.4% = 2,673,648世帯 が視聴
⇒ 40,818,000人 × 9.3% = 3,796,074人 が視聴

『コントがはじまる』 
世帯視聴率(8.4%)、個人視聴率(4.7%)
※2021年6月5日(関東)
⇒ 18,567,000世帯 × 8.4% = 1,559,628世帯 が視聴。
⇒ 40,818,000人 × 4.7% = 1,918,446人 が視聴

★いろいろな番組が、どのくらいの視聴率だったかを知りたい時は こちらをご覧ください。※ビデオリサーチ社のページ



テレビCMの リーチ単価、CPM は?

最後に、テレビCMの視聴世帯数/人数やコストについてみていきましょう。

テレビCMの購入は、
世帯GRPやTRP/個人GRP(関東、関西等の都市部から個人GRPになってきている)を単位として、1500GRP(世帯)分とか 700GRP(個人)とかTRPで700%分とかで売買されています。

正確に言うと、クライアント(メーカーなどの発注主)から「広告代理店」を通して「テレビ局」に注文します。

最初に説明したように、1GRPは視聴率1%で、500GRPを発注すると延べ500%分の視聴率分の放送枠にテレビCMを流せることになります(ちょっと雑な説明ですが・・)。

そして、お金の話に移りますが、
このGRP/TRPには、パーコストと言って「視聴率1%あたり」の金額が設定されています(需要供給の関係で変動します)。

このパーコストは、「在京キー局」で、世帯GRPで8万円〜10万円程度、TRP/個人GRPでその倍の16〜20万円程度となっています(一番主流の15秒CMを想定)。

ということで、
これらの数値から1人あたりの「リーチ単価」と「CPM(千人あたりのリーチ単価)」を計算してみると、

TRP/個人GRPでパーコスト16万円の場合、
リーチ単価:0.39円、CPM:391円 と、ネット広告と比べても、とっても安価
で消費者にリーチできることが分かります。

ということで、まだまだテレビCMが人気なわけですね。
ではまた!

「《保存版》視聴率やGRP1%の 視聴人数 について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください