オリンピックの視聴率 とトレンドは?

東京オリンピック2020が閉幕しました。賛否両論色々ありながら、致命的なトラブルもなく無事に乗り切れたことに、ホスト国の国民の一人として安堵するとともに、選手たちやボランティアの人達への称賛と、”しきり側”へのモヤモヤした気持ちもあったりします。

ということで今回は、このオリンピックって日本のみんなはどれくらい見たのかな?とか、どのタイミングが盛り上がってたのかな? ということをテレビの視聴率 やWebのトレンド分析から検証してみたいと思います(まだ閉会式の数字が出てないので後日追記するかも)。

オリンピックの視聴率 、開会式は驚異の56.4%!

2021年7月23日にいよいよオリンピックTOKYO2020が開幕しました。直前にドタバタが続き、、私的には「世界に中継してええんか?」「本当に大丈夫なんか?」と、期待と不安いっぱいで開会式のテレビ中継を見ておりました。

開会式を見ながら、、、ゴニョゴニョ言ってて妻に叱られたりしてたら・・開会式が終わりました。この開会式には色々と思うところがあった人も多かったようで、文春のこの記事《幻の東京五輪開会式案》が再び話題になったりしましたね。

話を開会式の視聴率に戻しましょう。

開会式は、
世帯視聴率が驚異の「56.4%」、
個人視聴率でも「40.0%」!!
!とのこと。スゴイ!

※ NHK総合テレビ、関東地区、午後7時56分~11時51分 速報値
引用:読売新聞オンライン 2021/07/26

(↓)世帯視聴率と個人視聴率については、こちらをご確認くださいね!


人気の競技は?

競技では何が人気だったのかを、ビデオリサーチ社の数字(関東地区)を参考に、少しだけ見ていきましょう。

※詳細は「無断転用禁止」と赤文字で記載されているので、ビデオリサーチ社の視聴率ページをご覧くださいね! このページはとても詳しく数字が出ているのでとても面白いですよ!!

こちらのページから少しだけ引用させて頂き、世帯視聴率(関東)で25%以上だったもの(4世帯に1世帯は見ていた)を日程順で見ていくと下記になりました。

続きを読む オリンピックの視聴率 とトレンドは?

《人気の 広告お役たち資料 》

広告お役たち資料 はこちらからご覧ください。

[広告実施前の検討に
テレビCMを実施するタイミングとは
広告費の目安 って、どれくらい?

広告の効果を考えるときに]
広告の効果測定 について
リアルとネットの広告指標 について

[テレビCMの視聴人数を計算するときに]
テレビの視聴人数 (都道府県別)
テレビの視聴世帯数 (都道府県別)
視聴率や 1GRP の 視聴人数 について

YouTube広告 の人気メニュー

今日は、 YouTube広告 の人気メニューについておさらいしてみたいと思います。
YouTubeはいわずと知れた世界最大規模の動画投稿サイトで、日本のMAU(月間アクティブティブユーザー数)が6000万人ともいわれています。またGoogleが発行しているYouTubeの媒体資料では ”テレビに匹敵する「第6のメディア」” として紹介されていたりします。

YouTube広告の魅力については、下記の画像もご参照ください。
※引用:CMの窓口「YouTubeのススメ」DL資料

YouTube広告の魅力
YouTube広告の魅力

YouTube広告 の基本メニュー(目的別)

YouTube広告の主なメニューは下記4種で、目的によって最適なものを選択できます。
※主要メニューの種類と目的は下記の表を参照ください。

YouTube広告
広告の種類広告の目的
①バンパー広告商品やブランドの比較検討
ブランド認知度とリーチ
②TrueViewインストリーム広告商品やブランドの比較検討
③TrueView ディスカバリー広告商品やブランドの比較検討
④ TrueViewアクション広告ウェブサイトのトラフィック
見込顧客の獲得
代表的なYouTube広告の種類と目的

今回は、この中で①②④について、もう少し詳しく見ていきまたいと思います。


バンパー広告

動画の秒数は6秒だが、安価なため数多くの人に視聴してもらうことができる。
一気にリーチが稼げるので、一気に認知UP/告知を行いたい時に向いています(ワンキャッチ/ワンフレーズ重視)。

なにせ、100万円で100万〜200万回視聴されるので、とてもパワフルです。

バンパー広告
バンパー広告
動画6秒
スキップ不可
課金CPM(表示回数で課金)
実勢価格0.5〜0.8円/表示

※推奨のオーディエンスターゲティング:アフィニティカテゴリ、カスタムアフィニティカテゴリ、購買意向の強いユーザー層


続きを読む YouTube広告 の人気メニュー