ビットフライヤー 解約へ

実は2018年1月という仮想通過バブルの時期にに、「 ビットフライヤー (BitFlyer)」にて仮想通過でビューをしました。当時は「億り人」なんて人たちがNewsで取り上げられていましたね。因みにビットフライヤーで始めた理由は「コインチェック(Coincheck)」と両方申込手続きをして、早く講座が開設出来たのが「ビットフライヤー(BitFlyer)」だったからでした。

仮想通過バブルが弾けて塩漬け

そんな仮想通過バブルの時に初めてしまったもので、始めた数か月後に一気に仮想通過バブルが弾けて、購入金額から大きく割り込んでしまいました。その時期にあまりの下がりっぷりに慌ててほとんどのビットコインを売却してしまいました。

↓ ビットコイン始めたときの話。

でも、当時は売却できなかった超端数だけ手元に残して塩漬けにしていました。

ところが、ここ数か月の仮想通過の上昇によって、端数を持っていたビットコインとイーサリアムがちょっと戻してきたので、このタイミングできれいさっぱり売却して、「 ビットフライヤー (BitFlyer)」の口座自体を閉じてしまおうかと考えました


仮想通過を現金に換える方法

仮想通過を販売してお金を自分の口座に出金するには、①販売所を選んで、各仮想通の保有残高分を販売して、②自分の登録口座へ出勤する、という段取りになります。

因みに、自分の口座へ出勤する際に出勤手数料が徴収されます。「ビットフライヤー(BitFlyer)」の場合は下記の手数料となります。

  • 3万円未満の場合、550円
  • 3万円以上の場合、770円

ということで、この手数料を支払えば、自分の口座へ出金が出来るわけです。


仮想通過を売りさばく

では、保有している仮想通過の販売方法です。パソコンでログインした方が分かり易いので、パソコン版の「ビットフライヤー(BitFlyer)」で所有していた仮想通過を販売した方法について説明です。

続きを読む ビットフライヤー 解約へ

広告宣伝費の目安 って、どれくらい?

広告代理店で新規クライアントに対して提案をする際のヒアリング事項として必須なものに、その企業の 広告宣伝費 ってどのくらいなのか? ということがありますよね。

ベテラン営業マンは、サクッとヒアリングしてくるのですが、新人の営業マンはなかなか聞き出せなかったり。。。ってよくありますよね。

また、広告宣伝に不慣れな会社の担当者さんに提案する際は、該当する業界の広告宣伝費の目安(売上に対する比率)を知っていると、提案がしやすくなったりしますよ。

企業の 広告宣伝費の目安 を知ろう

なかなかうまく聞き出せない方に朗報です。各企業の広告宣伝費がまちまっている資料があるのです。

その名も「有力企業の広告宣伝費」という資料で、日経広告研究所という会社が毎年発刊してくれています。ですので、過去数年分を購入すれば任意の企業の広告宣伝費の推移をみることもできちゃうわけです。

この本が1冊あるととても便利ですよ。下記にLinkを紹介しますね。ちょっと高価な資料ですので経費で購入できると良いですね! 

続きを読む 広告宣伝費の目安 って、どれくらい?

出前館のテレビCM が好調らしい。

今日は、「浜ちゃん」のテレビCMでおなじみの 出前館のテレビCM がすこぶる好調との記事が出ていたので、少し紹介してみようと思います。

ウェブ広告を「半減」で成功した「出前館」の戦略とは

日経XTRENDの記事に上記のような見出しの記事を見つけた(2021年2月26日)。
この記事は、ダウンタウンの浜ちゃんこと浜田雅功さんが登場して「出前がすいすいすい〜♪」とスーダラ節で歌う、歌い込み型のテレビCMが大成功している理由について解説してくれている。

広告代理店勤務の私としては、とても気になるし興味がある話なので早速読んでみた。

この記事によると「スーダラ節」の替え歌で認知率が大幅にUPし、新規顧客数が大幅にUPしたそうだ。

参考記事:ウェブ広告を「半減」 出前館はテレビCMでなぜ成功したのか


CMの戦略を変えて大成功!

実は 出前館のテレビCM は、この「スーダラ節」の替え歌のバージョンよりも、1年くらい前の2019年12月から浜ちゃんを起用して展開していた。

当時のプレスリリースを見ると、創業20年のタイミングで「初の企業全体リブランディング」の一環として、浜ちゃん起用によるテレビCMの実施以外にロゴの変更も行っている。

プレスリリース:〜創業20年の出前館、初の企業全体リブランディング〜 ラクスルとGOの共同事業による『CMO代行プラン』の第一弾として出前館リブランディングプロジェクトが始動

このリブランディング・プロジェクトは、「運用型テレビCM」で業界に殴り込みをかけてきた「ラクスル」社と、クリエイティブは「GO」社によって行われていたようで、浜ちゃんをタレントに起用して「つかれちゃった人」篇と「いそがしい人」篇の2本のCMを展開している。

そして、今回の「スーダラ節」の替え歌のバージョンのCMは、王者「電通」社と「電通クリエイティブX」によって行われいているようです。つまりCMの戦略を大転換のタイミングで広告代理店&制作会社がチェンジしたようですね。その際にCMとしては「Demae-canの歌」篇と「お届け」篇の2本のCMを展開している。

続きを読む 出前館のテレビCM が好調らしい。