Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore  Liberty Air 2 Pro レビュー

Anker Soundcore  Liberty Air 2 Pro」という超人気のワイヤレスイヤフォンを購入しました。ちょっと前に購入していた「EarFun Free Pro」もとても気に入っていたのですが、、LDAC対応という魅力に惹かれて購入してしまいました。当然アクティブノイズキャンセリング&外音取り込みモードに対応しています。

ということで少しレビューしてみたいと思います。


LDACとは何か?

LDAC(エルダック)って何かというと、音楽をワイヤレスで聴く際の圧縮フォーマットの名前で、LDACに対応している機器を使用すれば、最大伝送レート990kbpsのハイレゾ相当の高音質で、ハイレゾオーディオコンテンツをワイヤレス再生できまるわけです。

なんと、ワイヤレスイヤフォンでハイレゾ音源が聞けるのです。

有線のハイレゾイヤホンで味を占めていた私は、LDAC対応のイヤフォンへの憧れが抑えられませんでした。なにせ、、、私が愛用しているAmazon Musicがハイレゾ対応ですから。。これはもう、ハイレゾで聴ける環境を作るしかない!

Soundcore  Liberty Air 2 Pro でLDACを利用するには、アプリのアップデートが必要ですので、早速アプデして聴いてみると一目瞭然の違いです!音の伸びと広がり、そして艶が違います。LDAC恐るべしですね。

LDACについては、こちらのサイトを参照:LDACでさらに高音質に


Soundcore 、開封の儀

この商品( Soundcore  Liberty Air 2 Pro)は、がっちりとしたパカッと蓋を空ける箱に入っています(マグネット付き)。なんか、中国製のものにも多いスタイルですよね。

私が購入したのは「ネイビー」色。
このイヤフォンは4色のカラーバリエーションがあり、定番の「ブラック」の他に「ホワイト」「ネイビー」そしてシャンパンゴールドを少しピンク寄りにしたような「ピンク」があります。

結構おしゃれな色になっており、好みで選べるのは嬉しいですね。

箱を開けると、イヤフォン×2(左右)と、イヤフォンケース(充電式:USB-C)、そして多くのサイズのイヤーチップが入っています。

イヤフォンケースは、上面がスライド式に小気味よくカチッと開閉して良い感じです。充電端子がUSB-Cというのも嬉しい限りです(ワイヤレス淳伝にも対応)。

イヤーチップは、自分に合ったサイズを選ぶための試験モードがアプリにあり、音漏れなどを測定しながら最適なサイズを選ぶことができます。


年配者に朗報!HearID 2.0 の威力

Ankerのイヤフォンで、私にとってとても嬉しい機能が「HearID」です。

これは、ANKERのSoundcoreイヤフォン用に用意されているアプリに入っている機能のひとつで、音質をコントロールする多機能なイコライザー機能です。

この中にある「イヤフォンをパーソナライズ」という機能が、特に年配層に超おススメなのです。「イヤフォンをパーソナライズ」を選ぶと、聴力テストのようなものが始まります。そのテストが終わると自分の聴力に合わせて音域ごとの出力を調整する自分用の設定が出来上がります。

自分用にパーソナライズされた設定で音楽を聴いてみたらもう別世界!素晴らしいです。

年を取るとモスキート音が聞こえなくなる・・・なんて言われるおじさんのみなさん、これは夢のような機能ですよ!!

実は似たようなものに、Galaxy(スマホ)に標準で組み込まれている「Adapt Sounds」という機能があり、こちらもとても気に入っていたのですが、、iPhone他のなど他のスマホでは利用できません。でも、Ankerのイヤフォンを購入すればアプリさえ入れれば自分にパーソナライズされた音で音楽を聴くことが出来るのです!(iPhoneはLDACに未対応なのが悲しい)。これは嬉しい。


エージングして、まとまりのある”抜けの良い”音へ

では、ようやく肝心の「音」についてです。Amazonのレビューではべた褒め状態なのですが、実際に聴いてみた感想はどうなのでしょうか。

開封後にすぐ聴いた第一印象は、筋は良いけど音があっちこっちの方向にバラバラに飛んでいて、取っ散らかってるなあア。。という感じでした。

ちょっと詳しく書くと、音の密度(音圧?)は分厚く、高音も通夜がある音で伸びが良い。ブラス系の音も綺麗にブラスの音が聞こえてくるので、筋は良いなあア~という感じでした。

経験上、この音ならいつもの「10時間エージング」で良い音になる!と確信したので、早速エージングに移ります。

因みに、エイジング(aging、ageing、エージング)とは、一般には「経時」(時を経る)という意味らしく、オーディオ業界では振動板が音声信号の振動にこなれてくるという意味合いで、その結果音が良くなると言われています(車でいう慣らし運転みたいなものですかねえ。。) 参考:【実験しました!】果たしてエージングで音は変わるのか!?

今回もいつものようにYouTubeで「10時間ピンクノイズ」というものを検索して1晩、2晩とエージングしていきます。(詳しくは下記の、Earfun Free Pro レビューの仕上げのエージング頁を参照ください)

エージングの結果、このイヤフォンはとっても良い音になりました。

ほんとに、とても良いです。音の密度も高く、奥行きや立体感もばっちり、そして綺麗に伸びる高温、キレイに鳴り響くブラスの音質も最高。ボーカルの音声も気持ちよく伸びていきます。ああ、ずっと音楽聴いていたい。。ということで大成功でした。


ノイズキャンセリング機能について

Soundcore  Liberty Air 2 Proには、ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み機能が搭載されています。

ウルトラというだけあって、このアクティブノイズキャンセリング機能は結構優秀です。Amazonの販売ページによれば「イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで周囲の音を検知し雑音を除去することで、聴きたい音楽をクリアに届けます。また、あなたが今いる環境をアプリ上で選ぶだけで、そのシーンに最適なノイズキャンセリングを起動させることができます」とのことです。

通勤時に電車に乗った際に利用すると、この機能の優秀さが良く分かります(全く聞こえなくなるわけではありませんのでご注意を)。

次に外音取り込み機能です。Amazonの販売ページによれば「音楽を聴いていても、イヤホンを付けたまま会話や公共施設のアナウンス等の外音を取り込んで聴くことがきます」という機能で、歩きながらイヤフォンをしている際に、周りの音が入ってくるので後ろから車や誰かが迫っていたりするのに築けるのでとても重宝します。

このノイズキャンセリング機能やが外音取り込みモードは、ボタン一つで切り替えられます。


興味を持ったら、こちらへ

Soundcore  Liberty Air 2 Proは、Amazonでタイムセールに時々出てきますので、狙い目です。セールの時は9000円台の値段で買えます。私もセールで購入しました。

もっと最新のAnkerイヤフォンを試したい方はこちらをどうぞ。もっともっと音が良くなっているとか。。
 ↓

楽天派の方はこちらからどうぞ。
 ↓


楽天のAnkerショップはこちら。
  ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください