Ear Fun Free Pro の内容物

Earfun Free Pro レビュー

ここ数週間の間に、ネットで話題のEarfun Free Proっていう、アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)内臓で超コスパのワイヤレスイヤフォンを買ってみたので、レビューしてみたいと思います。

ゲオのイヤフォンを買うつもりが・・

ここ1ヶ月くらいの間にテレビCMが流れていた、「ゲオ」のアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能付きで、4980円という信じられないイヤフォンが欲しくなり、ネットでレビューを調べていたときに見つけたのが、このEarfun Free Proでした。

レビューやコメントのポイントは、コスパ最高!ANCもちゃんと効く!見た目も安っぽくなくて良い、みたいな感じだったかと思います。

そして、Amazonで探してみたら、10%OFFクーポンがついていたので、思いきってポチってみた次第です。


購入 & 開封の儀

購入した翌日にEarfun Free Proが届きました。Simpleな箱を開けると、どこかでみたようなメッセージカード「Better Sound, Better Life」、そしてイヤーピースのスペアがいっぱい入っています。そして、イヤフォンのケースはコンパクトで質感も良く嬉しい限りです。



聴いてみた、調整だ。

さてさて、肝心の音についての話に移ります。

値段からして、それほど期待してはいけないと分かりつつも、高評価のレビューを読みまくっていたので「期待値」が上がってしまいます。

ファーストインプレッションは、、
うううむ、、低音が出てくるドンシャリ系で、中音域がクリアでない感じ。

次にGalaxyに付属している「Adapt Sounds」で、自分の聴覚に合致した音にチューニングします。これが本当に優秀なんです。この機能が使いたいがためにGalaxyが手放せないくらいです。あと、Dolby Atoms もONにしちゃいます。

結果は、大分良い感じになってきました。

Galaxyに付属している「Adapt Sounds」という機能で、自分の聴覚に併せて音をチューニング

Adapt Soundについては、こちら(↓)をご参照ください。


仕上げのエージング

でも、まだ物足りません。。。。普段はハイレゾ対応のイヤフォンで聴いているせいか、どうも音質に”しっくり”きません。音の各パートがぐちゃーっと混ざった感じで、音の輪郭が見えづらく、空気の透明感や、音の艶が出てきません。。。

まあ、購入したてのイヤフォンはこのようなことが多いので、気を取り直して「エージング」で、音質を育ててみます。今回はYouTubeで「エージング」検索して、ピンクノイズの10時間コース行ってみます。

結果は、大分良くなった感じです。

でも、まあ、ハイレゾイヤフォンのようなクリアな音にはなりませんでした。仕方ないですよね。コスパ考えたら良いですよ。

Ear Fun Free Pro をエージング
EarFun Free Pro をエージング

ノイズキャンセリング機能はどうだ?

肝心なことについて記載するのを忘れていました。このイヤフォンの”売り”である、アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能です。

このイヤフォンは専用のアプリがありませんので、操作は「左右のイヤフォンをタッチ」して行います。

ANCについては、左耳の平らな面をトントントンと3回タップすると切り替えられます。3回タップで、「ノイズキャンセリングON」⇒「外音取り込みON」⇒「ノーマル」で順番に切り替えられます。

ANCの効果ですが、ANCをONとOFFで比較すると「なるほどね」という感じで違いが実感できますが、完全な静寂にはなりませんのであしからず・・・という感じです。

外音取り込みですが、超微妙にノイジーになりますが、問題無く聞こえますので、実王レベルかと思います。


総合評価

ということで、私的な評価をしてみますと、3〜3.5点/5点という感じです。

音質にそれほどこだわらない人なら、ANC付の良コスパモデルとしておススメです。

でも、音質にはこだわりたいな~って人は、もっと高級機を選ぶ方が良いかもしれません。

私は、これを利用して逆に「WF-1000XM4」が更に欲しくなったというのが正直な気持ちです。とはいえ、、 WF-1000XM4 は高いし、納期も長いし・・・とマイナス要因ばかりなんですけどね。。

では!

購入する際は、ぜひこちらのLinkからお願いします!
※Earfun Free Proが、Amazonは今なら15%OFFクーポンついてましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください