Branding に 動画 が注目されている3つの理由

◎ 動画 の圧倒的な情報量!

コロナ禍で圧倒的に、問合せも受注も増えているのが 動画 なんです。でも、悩みは納期と料金と内容が・・・・ということです。

今夜は、ちょっと前に調べた「Brandingに動画が注目される理由 」という話を書いてみたいと思います。


◎Branding で、動画が良い3つの理由

このことに関するエビデンスを探すと、いろいろな話が出てきます。そこで、その中で語られている3つの理由について書いてみたいと思います。


【理由①】5000倍の情報量

この話は、

写真は文字情報の7倍の情報量、動画は文字情報の5,000倍の情報量を伝えることができると言われている、というもので、映像系のお仕事をされている個人の方などのブログやHPでよくみかけます。

そこで、このデータソースを探しまくったのですけど、、、データソースが見当たりません。また、このデータソースを、私と同じように探しまくった方の検証動画もあったのですが、結論は「多く引用されている情報だが、データソースが不明」ということのようです。


【理由②】1分の動画は180万字に値する

動画というフォーマットの圧倒的な情報量と表現力。
1枚の写真は1,000語を語るが、1分の動画は180万字に値するとのこと。
ちなみに、180万文字はウェブページ3600枚分に相当するとも。。

こちらのデータソースは、米国ビジネスコンサルティングのForrester社さんでした。※参考記事はこちら


【理由③】メラビアンの法則で証明

3つ目は、動画はメラビアンの法則の3Vを伝達することが出来るということ。
このメラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響を研究し、下記のように3つのVで数値化しました。

★話し手が聞き手に与える影響★
 ①Verbal(言語)・・・7%
 ②Vocal(聴覚)・・・38%
 ③Visual(視覚)・・・55%

動画では、このバーバルコミュニケーションである①Verbal(言語)だけでなく、90%以上を占める②③のノンバーバルコミュニケーション「視覚」「聴覚」も十二分に活用しながらメッセージを行うことが出来るから、圧倒的に効果が高いというわけです。

ということで、百聞は一見に如かず・・もある意味同じような感じですね!

ではまた。

Amazonで、EcohDot を500円で買って、アレクサで遊べるゾ!(終了デス)

◎Amazonで Echo Dot 500円とあまりに安いので買ってみた。

この買い方は、Aamzonで普通に Echo Dot を検索しても出てこないので、多くの人は知らないはずなのだが、先日SNSに情報が流れてきたので、Linkをクリックしてみたところ、この購入ページが出てきた次第。

あまりの安さに、Amazonそっくりのフィッシングではないか?という不安があったので、本物のAmazon調べてみても、問題なさそうだったので、早速購入してみることにしました。 《終了!! Amazonで、EcohDot を500円で買えるページはこちら》 →《Amazonで、EcohDotを普通に変えるページはこちら》

Echo Dot 第3世代 ¥500
【プライム会員限定】Echo Dot 第3世代、チャコール ¥500 + Amazon Music Unlimited (個人プラン1か月分 *以降自動更新)

◎Echo Dot 500円 の購入方法や条件は何?

あまりに格安なので、何か裏があるのではないかと疑いたくなるのですが、そんな酷いことはなさそうです。というより、むしろ、条件に合致するなら直ぐに買った方が良いと思うレベルです。

<購入できる人は?>
①Amazonプライム会員、②Amazon Music Unlimited (個人プラン1か月分 *以降自動更新)※780円/月への加入、③1人1回だけしか、このセットは購入できない。ということだけみたいですね。

ちなみに私は、過去にAmazon Music Unlimited のトライアル利用して解約していたんですが、問題なく購入できました。
※Unlimitedは1か月使ってみて解約かなああ。。もう少し安いと嬉しいんだけどねええ。。

そして余談ですが、Amazonでこの商品をAMに購入したらその日のうちに配達されていてビビりました。。。。

《終了!! Amazonで、EcohDot を500円で買えるページはこちら》 →《Amazonで、EcohDotを普通に変えるページはこちら》

設定や使い心地、部屋の家電などとの連携については、別の機会に!
ではまた!

「 絶対的貧困 」と「 相対的貧困 」

◎「 絶対的貧困 」って何だ?

今日見た記事によると、一般に、貧困は「 絶対的貧困 」と「 相対的貧困 」とに分けられているらしい。ということで、記事元を引用させていただくと共に、自分の知識メモとして記しておきます。

まずは「絶対的貧困」についてです。

一般に、貧困は「絶対的貧困」と「相対的貧困」とに分けられる。世界的には、「絶対的貧困」は1日当たり1.90米ドル(約205円)以下の収入とされる。月収にすると57米ドル(約6150円)、年収は684米ドル(約7万3800円)である。

“中国の貧困”をまさかの暴露、李首相の真意とは? 日本戦略研究フォーラム 2020/06/05 06:00

最低限必要とされる生活物資を購入できる所得または支出水準に達していない人々のことを絶対的貧困者と呼んでいます。

国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

◎中国の現状について(202006の記事から)

2019年の中国人の平均年収は3万元(約45万円)。しかし、中国には月収1000元(約1万5000円)の人が6億人もいると、中国の李克強首相は、全国人民代表大会の記者会見(2020/0528)で明らかにしたらしい。

この月収1000元とは、年収1万2000元(約18万円)で、この月収では、1キロ30元(約450円)以上もする肉は食べられない。また、中小都市の1カ月分の家賃にもならないレベルだという。

つまり、中国では6億人が「絶対貧困」ではないが平均年収額の40%しかないので「相対的貧困」といえるとのこと。

ちなみに、日本では年収約122万円以下が「相対的貧困」に当たるらしい(1人世帯の場合)。

では、この「相対的貧困」について、もう少し見ていきたいと思います。


◎「相対的貧困」について

「想定的貧困」はどのように定義されているのかを調べてみた。

相対的貧困とは、その国や地域の水準の中で比較して、大多数よりも貧しい状態のことを指しています。所得でみると、世帯の所得がその国の等価可処分所得の中央値の半分(貧困線)に満たない状態のことを言います。

国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

日本では、基準となる貧困線は、総務省の全国消費実態調査では 135 万円(2009 年)、厚生労働省による国民生活基礎調査では 122 万円(2012 年)とのことで、記事元WPJによると、2015年の調査によると日本の相対的貧困率は15.6%、子どもの貧困率は13.9%という結果でした。そして一人親家庭の相対的貧困率は50.8%と、とても深刻な状態であるとのことです。

相対的貧困世帯の特徴
・世帯主年齢別では、高齢者が多い(全国消費実態調査では 60 歳以上、国民生活基礎調査では 70 歳以上)
・世帯類型別では、両調査とも、単身世帯と一人親世帯が多く、夫婦のみ世帯、夫婦と子どものみ世帯が少ない
・国民生活基礎調査において、郡部・町村居住者が多い。

内閣府・総務省・厚生労働省:「相対的貧困率等に関する調査分析結果について」

メモ的なエントリなので、結びがなくて恐縮ですが、本日はここまで。ではまた。