テレビCMの効果予測 について

今回は、 テレビCMの効果予測 について少々

テレビCMをどのくらい実施すれば、どの程度の効果があるのかというテレビCMの効果予測する方法はいろいろとあるけど、その中でもビデオリサーチ社というテレビの視聴率を発表している会社が出している指標が、今年に大きな変更があったので、このことについて少しお話してみます。


テレビCMの出稿量はGRPであらわされる

テレビCMをどのくらいの分量で放送(出稿)するのかを表す指標として「GRP」という用語があります。これはGross Rating Point といって、延べ視聴率ともいわれます。

なぜ、延べと言われるかというと、、、ちょっと簡単にいってしまうと、テレビCMが放送される時間帯のテレビ番組の視聴率を足していくから「延べ」の「視聴率」なんですね。

つまり、視聴率10%の時間帯に10本、5%の時間帯に20本、3%の時間帯に100本の計13本のCMを放送した場合のGRPは、10%×1本+5%×2本+3%×10本の計500GRPとなります。


世帯視聴率と個人視聴率の話

この視聴率、昔は「世帯視聴率」で語られていました。
世帯視聴率って何かというと、世帯のうち誰かが見たら「視聴1」としてカウントするということで、長年この指標が使われてきました。

でも、この世帯視聴率だと、その世帯のうちだれが見たかが分からないため、ここ数年で「個人視聴率」が関東キー局を中心に普及してきました。
この個人視聴率とは、文字通り、誰が視聴したのかを「個人」ベースで測定した指標になります。つまり、男性20-34歳が何%見ているとか、そんな感じです。

昔は、お茶の間といわれ・・・ひとつの部屋で家族でテレビを見るという時代だったので世帯視聴率でよかったのですが(というか、そういう時代からの指標なんですよね。。。)、個人でテレビを見る時代にシフトしてきたので、時代の要請に応えて個人視聴率での測定が実現されてきたわけですね(放送開始から7日内(168時間内)でのタイムシフト視聴という指標も入ってきていますが今回は割愛)。

※ちなみに超ざっくりですが、世帯視聴率が1000GRPだとすると、個人視聴率に換算すると約半分くらいとイメージしておけばよいかと思います(正確には、性年代や出稿パターンにより変動)。
こちらのビデオリサーチ社のページから、実際の番組の視聴率で確認ができます。


何GRP出稿すれば、CM認知何%とれるのか? 

ようやく、効果予測の話にたどり着きました。テレビCMの効果予測もいろいろな方法があるのですが、その中でも私がよく使う簡易的な方法を少々。

何GRPのテレビCMを出稿すれば、CM認知が何%になるのか、、、というものに関しては、テレビの視聴率を測定しているビデオリサーチ社という会社が、計算式と係数を発表(販売)しているので、その数値を用いて予測の数値を算出します。

この数値&計算式は「テレビCMカルテ」という、ビデオリサーチ社が実施/販売している、テレビCMの効果測定調査を基に算出され、2年毎にテレビCMカルテ・スペシャルレポートとして販売されます。※テレビCMの出稿量とCM認知の関係についての数値が発表される号と、テレビCMの出稿量とブランド認知の数値が発表される号が1年おきに初b内されるので、2年分でワンセットという感じです(ちょっと高額)。

これでわかるのが、例えば、、、テレビCMを1500GRP(世帯)で投下(実施)すると、CM認知率が30%程度取れるという予測値です。
レポート自体は個人GRPベースで記載されており、世帯GRP←→個人GRPの変換率も記載されています。

テレビCMの出稿量とCM認知の関係
テレビCMの出稿量とCM認知の関係

ちなみに、CM実施企業の業種や、テレビCMの出稿パターン(1日中出稿する全日とか、朝夜+土日に出稿する逆L型とか)、性年代ごとで、係数が記載されているので、それぞれで計算できます。

続きを読む テレビCMの効果予測 について

Ubersuggestを使ってみた

◎Ubersuggestを使ってみた 、そして戸惑った話

WebサイトのSEO対策や、Web広告のPlan作成などに Ubersuggest というツールを利用している人って、結構多いんじゃないでしょうか。今回は、その Ubersuggestを使ってみた 際に「支払い」で手間取ったことについて書いてみたいと思います。

このUbersuggestって、実は私もちょくちょく利用していたんですが、Web広告やサイト制作は専門のチームや会社さんと一緒にすることが多いので、自分ではがっつり利用してませんでした。

ところが、年末のプレゼン案件でざくっと使わないといけまくなってしまったので、取り急ぎ無料7日間のトライル利用を使ってみることにしました。


うっかり無料期間を超えてしまった

ところが、、、Ubersuggestを使ってみたあと、プレゼンを無事に乗り切って安心していたら、、、、無料7日間を過ぎてしまっていました!!

ということで、Ubersuggestの支払い 督促Mailが届きました。

仕方がないので、Paypal支払いに設定して、Paypalアカウントの残金が足りない際は登録している銀行口座から自動で支払われるようにしました。

ところがですね。。。。
決済できませんですよ!Mailが届きます。。。

ubersuggestからの支払い督促
ubersuggestから、支払い督促Mailがきました。

そこで、サポートに「上記で設定してるけど決済できません。どうすれば良いの?」とガチ日本語で送ったら、英語で「他の決済方法に変えてね~」ってMailが返ってきました。

続きを読む Ubersuggestを使ってみた

ブランディング に 動画 が注目されている3つの理由

◎ ブランディング 施策に 動画 が注目されている!

コロナ禍で圧倒的に、問合せも受注も増えているのが 動画 なんです。でも、悩みは納期と料金と内容が・・・・ということですが。。。

今夜は、ちょっと前に調べた「 ブランディング に 動画 が注目される理由 」という話を書いてみたいと思います。


◎ ブランディング で、動画が良い3つの理由

このことに関するエビデンスを探すと、いろいろな話が出てきます。そこで、その中で語られている3つの理由について書いてみたいと思います。


【理由①】5000倍の情報量

この話は、

写真は文字情報の7倍の情報量、動画は文字情報の5,000倍の情報量を伝えることができると言われている、というもので、映像系のお仕事をされている個人の方などのブログやHPでよくみかけます。

そこで、このデータソースを探しまくったのですけど、、、データソースが見当たりません。また、このデータソースを、私と同じように探しまくった方の検証動画もあったのですが、結論は「多く引用されている情報だが、データソースが不明」ということのようです。


【理由②】1分の動画は180万字に値する

動画というフォーマットの圧倒的な情報量と表現力。
1枚の写真は1,000語を語るが、1分の動画は180万字に値するとのこと。
ちなみに、180万文字はウェブページ3600枚分に相当するとも。。

こちらのデータソースは、米国ビジネスコンサルティングのForrester社さんでした。※参考記事はこちら


【理由③】メラビアンの法則で証明

3つ目は、動画はメラビアンの法則の3Vを伝達することが出来るということ。
このメラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響を研究し、下記のように3つのVで数値化しました。

★話し手が聞き手に与える影響★
 ①Verbal(言語)・・・7%
 ②Vocal(聴覚)・・・38%
 ③Visual(視覚)・・・55%

動画では、このバーバルコミュニケーションである①Verbal(言語)だけでなく、90%以上を占める②③のノンバーバルコミュニケーション「視覚」「聴覚」も十二分に活用しながらメッセージを行うことが出来るから、圧倒的に効果が高いというわけです。

ということで、百聞は一見に如かず・・もある意味同じような感じですね!

ではまた。