「 消費者ボトムアップ でつくる最強るブランド戦略」クオンのお話

写真-2016-09-02-14-04-49

本日は、先日(2016年9月2日)行われた、日本マーケティング協会(JMA)主催の『21世紀型マーケティングの手法と視点』のご紹介、第5回目「 消費者ボトムアップ  でつくる最強るランド戦略」です。

第1回目⇒ その1 ⇒ 2020年ネットリサーチ(MAPS)
第2回目⇒ 
その2 ⇒ 「調査票のいらない調査」GMOリサーチ
第3回目⇒ その3 ⇒ 「即戦力ビックデータ」カスタマー・コミュニケーション社
第4回目⇒ その4 ⇒ 「Around50コミュニティ」R&D社


「 消費者ボトムアップ でつくる最強るランド戦略」の話

ということで今日は4番手に登壇されたクオン社さんの講演内容「消費者ボトムアップでつくる最強るランド戦略」を、私のメモでポイントをご紹介したいと思います。

消費者コミュニティの可能性、現在の状況について

消費者コミュニティ(オンライン)がMKTGに採用される背景

・マーケティング3.0:共創


MKTG3.0の説明には「ジョハリの窓」が分かりやすい

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%8f%e3%83%aa
Dの領域)企業も分からない&消費者も何が欲しいのか、何を求めているのかが、商品/サービスを説明されるまで分からない。


そこで、消費者コミュニティを活用しよう! というわけだ。

続きを読む

21世紀型マーケティングのセミナーのお話 その1 ⇒ 2020年ネットリサーチ(MAPS)

写真-2016-09-02-14-04-49

「21世紀型マーケティングの手法と視点」というセミナー

今日は「21世紀型マーケティングの手法と視点」という、JMA(日本マーケティング協会)さんが主催するセミナーに行ってきましたので、そのときのメモベースで、ポイントを紹介していきたいと思います。

ここ数年、JMAさんが、旧来のマーケティング領域から、最新のマーケティング領域まで守備範囲を広げようと、アグレッシブになっている印象があり、今回のセミナーも、そのような意気込みを感じるものでした。

内容的には、リサーチの新しい形(マイクロリサーチ、リアルとネットの融合、感性領域)、ID-POSによるビッグデータにより実査しないで調査する方法、MKTG(マーケティング)3.0型施策(コミュニティ、アンバサダー)といった内容を、6社のプレーヤー企業の担当者を招いてプレゼンしてもらったという感じでした。

その内容を、私のメモ的なレベルのものになるのですが、記載していきたいと思います。

本日は、最初に登壇された、私もよく利用させていただいている「MAPS(マーケティングアプリケーションズ) ※旧ボーダーズ」さんのお話からです。

続きを読む