テレビCM 、やっぱり人気です。

メディア接触時間 の一覧 テレビCM がNo.1

メディア接触時間

テレビCM について

今日は、新規の問い合わせで大人気の テレビCM について基礎知識的なことを書いてみたいと思います。


① テレビCM がなぜ人気なのか知っておこう

昨今、若者のテレビ離れとか、テレビが面白くなくなったとか、、、イロイロと言われていますが、現在、テレビって、いったいどのくらい見られているか、上記の図で見てみましょう。そうすると、年々テレビの視聴時間は幻想しているものの、他のメディアと比較すると断トツのNo1がテレビなんです。

とはいえ、上記の図ではわかりませんが、さらに詳しく見ていくと、10代の男女ではスマホの接触時間がぐんぐん伸びていますので、ターゲットによってはメディアの組み合わせも効果的です。


②  テレビCM の種類を知っておこう

<放送形態>

テレビCM といってもテレビの放送形態によって、お値段イロイロです。
テレビCMを実施することができるものには、地デジ(地上波デジタル)以外を筆頭に、価格的にトライしやすいBS/CS放送や、地域に密着したケーブルTVなど多くの種類があります。金額的には地上波(キー局)、BS局、CS局、ケーブルTVみたいな順で金額が安くなってきます。

続きを読む

La valse  (ラ・ヴァルス) ってご存知?

〇 La valse  (ラ・ヴァルス) というステキな曲。

今日は、ちょっとマーケティングとは違い、趣味のほうの話を少々書いてみたいと思います。私は、実はクラッシック音楽好きです。そして、昔から好きな曲の1つにラベルの「 La valse  (ラ・ヴァルス) 」という曲があります。


〇 La valse  (ラ・ヴァルス) ってどんな曲?

ラ・ヴァルス とはフランス語でワルツの意味のことで、古き良きウィーンの宮廷時代の優雅にワルツを踊る時代から時代は進み、宮廷文化は廃れていく中、美しいものが退廃的な香りを放ちつつ、崩壊していく様子が表現され、クライマックスへと突き進んでいく曲になっています。

一般にはオーケストラ曲が有名でしょうか。美しさと退廃的な香り、そして狂気を圧倒的表現で表しています。ピアノ曲も有名で、連弾用とピアノソロ用が有名でしょうか。また近年では吹奏楽用にアレンジされたバージョンもよく演奏されています。

では、いくつかお薦めの演奏を紹介していきますね!
※個人的なお薦めですのでご了承くださいね。


〇 オーケストラ版とピアノ版の魅力

オーケストラ版のお薦めは、クリュイタンス指揮のパリ音楽院管弦楽団の演奏。古い演奏ですが、名盤かと。↓

チョン・ミョンフン指揮の演奏も素敵です。こちらはなんと、YouTubeで観れますよ!圧巻の演奏です!

続いてピアノ版です。ピアノ版もYouTubeに色々と素敵な演奏がありますので、まずはそちらからご紹介。

まず、最初は ユジャ・ワン (王羽佳, Yuja Wang)の超絶演奏。いやはや、もう凄いの一言に尽きます。一度ライブで聴いてみないものです。

続いて、こちらは古い演奏ですが、グレン・グールドの演奏。ユジャ・ワンとは全く違う雰囲気ですが、こちらも超魅力的。こちらの演奏もYouTubeにUPされてますので、ご紹介しますね。

続きを読む

サイトの SSL化 失敗した。

引用

保護されていません

SSL化 失敗。保護されていませんと、、

◎サイトの SSL化 へ

このBlogは、さくらのサーバーを借りて、さくらが用意しているWordPressを入れて作っています。昨今Googleさんが SSL化 しているサイトを優遇するという状況の中、このBlogも一応マーケティングサイトと言っている手前、ちゃんと SSL化 してSEO対策をしないといけないと思う次第でございます。


◎【WordPress】常時SSL化プラグイン

そこで、このサイトもSSL化しようと調べてみたところ、下記のページを見つけました。なんと、さくら利用者用にWordPressのプラグインで、簡単にSSL導入ができるというではありませんか!

さくらのサポート情報ページの
【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方

ということで、上記ページを参考に、
「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をWordPressに投入。

実は、、、私はプログラムやら、Webのテクニカルな部分はともて疎いので、このようなものがとてもウレシイのです。

さあ、プラグインを入れて、ザクザクやっていこう!
と思ったら、最初にエラーが出た。なにやらPHPのバージョンが古いらしいので、
あくらのサーバー管理画面から、PHPのバージョンUPを選択してさくっと対応完了です。

気を取り直して、ざくざくいきましょう!


◎ヤベ!失敗だ!

でも、、、、あれれれ、こんな表示がでてしまいました。

続きを読む