世界最強の仕事術 という本

◎マッキンゼー流 世界最強の仕事術 という本がある

この「 マッキンゼー流 世界最強の仕事術 」という本は2001年の発刊なんで、結構前の本なのだけど、私が事業計画やビジネスPlanの仕事をガンガンやってた時期に読んで、目から鱗だった本の一冊なので、書き記しておこうかと。

世界最強の仕事術の書籍
マッキンゼー流、世界最強の仕事術

広告代理店でマーケティングの仕事をしていると、通常コミュニケーションのストプラ的なことや、消費者リサーチ、効果測定などのマーケ仕事以外に、事業計画の作成やビジネスプラン作成などの協力依頼なども、結構来たりします。

丁度この書籍が出た2000年当時は、各企業の新規事業ブームの時期でもあったのか、そのような案件が多かったのです。

とはいえ、そのような経営コンサルとしての経験は無いので知り合いの経営コンサルタントの人の教えを請うたり、小さめのコンサル事務所やシンクタンクを協力会社としてブッキングしながら案件をこなしていました。


◎ この本との出会い

その頃は、ハーバードビジネスレビューを毎月のように読み漁り、ボストンコンサルティング(BCG)の人が登壇するセミナーや書いた本などを毎日練る間も惜しんで読みながら、各企業さんの難題に挑戦していたのですが、BCG等が繰り出すコンサルツールと呼ばれる洗練されたフレームワークに痺れていたのです。

そんなときに出会ったのが、この「 マッキンゼー流 世界最強の仕事術 」という本でした。

この本で、私の心に叩き込まれたのが「物事を構造的に見る」「MECE:もれなくダブりなく」ということで、私が戦略や企画を立てるときの最初に行う重要なステップとなりました。

興味を持った方がいましたら、ぜひこの本を読んでみてください。
昔よりも、小さく、安く、そして持ち運びやすくなりましたよ

  ↓ クリック!

ではまた。