ガンプラ 40年 の凄み を知る

スポンサーリンク

ガンプラ 40年 の凄み が凝縮された、エントリーグラード

エントリーグレードのガンプラとして販売された、RX-78-2ガンダム

今日は2020年の12月29日です(既に30日になっちゃいましたが、、)。年の瀬の大掃除の用事でホームセンターに行ったら、、コイツ(ガンダムのプラモデル)が山のように積まれていたんですよ。この、超カンタン低価格で油断させさながら、実は ガンプラ40年の凄み が凝縮されている、、エントリーモデルという白い奴が。。


ガンプラ の思い出

久々にガンプラ作ったんで、、ちょっと、私とガンダムの思い出について語っても良いかしら。

最初はガンプラとの出会いについて。

実は、私は初代ファーストガンダムからのファンで、小学生の頃ガンプラを買いに並びまくった世代です。そして近所のおもちゃ屋さんのプラモデルコンテストで、賞を取りまくっていた少年だったんです。

その頃に衝撃を受けたのが、この本。ホビージャパン別冊のHOW TO BUILD GUNDAM2。あまりのカッコよさに痺れて、、沼落ちするわけですね。。そんな方いっぱいいたんじゃないでしょうか。


スポンサーリンク

ガンダムネットワークオペレーション

ガンダムのゲームにもハマりました。

社会人になって、ガンダムネットワークオペレーション(GNO)という、オンライン型のパソコンゲームにはまったりもしました。

ガンダムネットワークオペレーション(GNO)という、オンライン型のパソコンゲームのパッケージ。

こらは、連邦とジオンに分かれて、3ヶ月で一年戦争を戦っていくというシミュレーション型かな、のゲームでした。会社の同僚や、身を知らずの人たちとチームを組んで、夜な夜な参戦し3シーズンくらい戦ったかなぁ。。あぁ懐かしい。

このゲームの画期的なところは、ひたすらポイントを貯めたりレベル上げをする苦行から開放される自動戦闘モードが実装されていたこと!! これは、ログオフしている間も、自分の艦隊が自動で戦ってくれて賞金を稼いでいてくれるんです!!!

会社から帰ってきてログオンすると賞金が溜まっているので、新しい機体を購入して、編成を変えて、より強いエリアに侵攻するわけです。あとチームメンバーと一緒に戦ったりね!

ファーストガンダム世代がみんな社会人になっているということをバンダイさんが、とても真剣に考えてくれたんだと感謝でした。

GNOのランキング画面だったかな。自分が艦長となり艦隊を増強していく。何名かでチームを組んで一年戦争を戦い抜くのです。※Googleの検索結果から引用

ちょっとAmazonのレビューから参考意見(解説)を拝借。

因みにこのGNOというゲームは、週間アスキーに連載されていた「カオスだもんね!」サクライ画伯作の漫画を読んで、その魅力にハマったんですね。これ読んで始めた人って多いんじゃないかなぁ。

週間アスキーに連載されていた「カオスだもんね!」

リアルグレード(RG) ガンプラ の衝撃

何年か前に、ガンプラにリアルグレード(RG)というシリーズが追加されました。1/144というコンパクトサイズなのに、超精密で内部構造まで再現されるとともに、ガシガシよく動く、究極の1/144モデルでした。

もう、このときは何十年かぶりにガンプラ買いました。まずはガンダムが出たんで買って作りました。

こりゃすげぇ!!! ということで、次に出たシャアザグも買いました。

でも、ちょっと作りが華奢過ぎてひ弱な印象だったんです。しかも、作るの超大変。

RG(リアルグレード)のシャアザク。30周年記念パッケージ
RG(リアルグレード)のシャアザク。凄まじい数のパーツだ。。しかも小さい。。

ガンプラ30周年って、パッケージに書いてあるんで10年前だったんですね。。。。やべぇ。買ったまま10年も経っていたのか。。


そして、最新の ガンプラ 、
エントリーグレードの登場だ!

そして、2020年の12月、年の瀬の忙しいけど、深夜にガンプラ作っても翌日大丈夫な時期に、、、今回のエントリーグレードのガンプラと遭遇してしまったのでした。

お値段500円未満。簡素なビニールのパッケージで、ライトパッケージVerということらしい。

なんか、もう、ついで買いしゃうレベルに仕立てられています。そして、何を隠そう、、私は別の用事で行ったのですが、、ついで買いしちゃった訳です。

エントリーグレードのガンプラ、RX-78-2ガンダムのパッケージ

袋を開けてみると、キレイに色分けされたパーツが見に飛び込んできます。A系統、B系統の2枚が入っておりパーツ数はそれほど多くは無さそうです。

必要最低限のパーツで最大の可動域、そして塗装無しで組み立てられるカラー分けが出来てるんだなぁって感じます。

キットの内容物一覧

では、組み立ての様子は写真でご覧ください。

頭部の組み立て。カラーパーツをはめ込んでいくと色塗らずともカラー化された顔が出来上がる!!
ランナーとパーツの継ぎ目が激薄!! 説明書では、手でポキポキと外すみたいに説明している。。
関節部は、腕と上腕部の間に関節稼働用の裏方パーツがあり、可動域が一気に広がる。
足のかかと部分、スリッパみたい。
だんだんと、各部位が仕上がってきましたよ。
オーマイガー!!! ビームライフルも縦も付いてねー!!!
仕方がないので、ビームサーベルを抜く前のポーズ。どんなポーズでもできるぞ。

はい。完成です。

かれこれ、1.5時間くらいかけて、じっくり楽しみながら組み立てました。

ランナーとパーツの継ぎ目が激ウス仕様なのでパーツが簡単に外せるので、ニッパー要らずで子供用にも最適です。そして、素材が少し柔らかめのプラ素材みたいなので、パーツの取ったあとのバリとかと、爪でゴニョゴニョってすれば取れて馴染みます。

また、可動域がすごいので、どんなポーズでも出来そうな勢いです。

でもね、許せないのが、、、ビームライフルもビームサーベルも、そして、盾すら付いてないことなんです!!! 何やらガンダムベースで先行販売されていた際にはついていたらしいのですが、、、何の嫌がらせなのか、、このキットでは取り除かれてるんですよ。酷いよバンダイ。

でも、まぁ、久々のガンプラ楽しめました。


一応、人気度の分析も。。。

一応、マーケティングブログなので、いつものGoogleトレンドで、2004年からの「ガンダム」の人気度の推移を見てみると。。。。少しづつの。。ダウントレンドですね。

比較用に「エヴァンゲリオン」も入れてみましたけど、流石ガンダム!強いですね!!

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください