クラウドワークス という生き方

CrowdWorks3

クラウドワークス について調べてみました。

実は、先日「 クラウドワークス 」について調べる機会がありました。

いろいろなビジネスモデルを調べていて、その中の一つとして見てみたのです。
「クラウドワークス」という名前や、なんとなくの仕組みは知っていたのですが、ちゃんと見てみるのは初めてです。

まずは「発注者側」として見てみると、、、、
「ヤバい!」安い!!!。 しかも有名企業や官公庁までガンガン使ってではありませんか!!

TOPページに掲載されている事例を見ると、

・経済産業省 → 新規事業のロゴ → 8万円で143提案
・大手テレビ局(TBS) → 新規法人のロゴ → 5万円で254提案

CrowdWorks1

↓続きはこちら。

これを見て直感的に感じたことが・・
「これはやばい!」
制作会社や広告会社の仕事がなくなってしまうかも!?的な
超破壊的な「ヤバい」感でした。

「働き方革命」というだけあって、フリーランスで自分のスタイルに合わせて仕事が出来るということが売りのようです。


クラウドワークス は儲かるのか?

なるほど!!これは良い。これなら仕事にあぶれても、家族との時間をいっぱい取りながら田舎で生活できるかもしれない!! なんて思いながらネットでの検索を続けると下記の記事に出会いました。


(参考記事)
クラウドワークスで月収20万超え、わずか111名。働き方革命の未来はどこにある?
http://gothedistance.hatenadiary.jp/entry/2016/02/24/125121

ま、まぢですか。。。
登録数80万人の時点で、二十万円以上稼げているのはたったの111人!!!!
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80447/5dd161a1/a25f/4271/a21f/1669851e72f7/20160209191009022s.pdf

CrowdWorks4

いかん。これでは一家を路頭に迷わせてしまうことになる。
これでは生活できないと、先ほどの考えを改めたほうがよさそうです。

ちなみに「マーケティング」で募集中の仕事を見ると、Blogの執筆のしごとが ほとんどでした。Blogの仕事は、Blog1本200円~400円くらいのものが多い感じでした。これで30~120本/月、1200文字程度とか。
中には、専門知識を活かして、、というもので1本2000円くらい(2000文字とか)。

結構安いですよね。。。
オウンドメディア用かSEO対策向けコンテンツなのかで価格が違ってきているのでしょうか。。
ちなみに、1本300円の記事を30本、ほぼ毎日書いて月額で9000円。なかなか痺れる。これでは、家族を食べさせていけない。。。TT

とにかく、このサイトを通じてガッツリ働いて、稼いでも家族を食べさせていけるだけの収入は厳しそうなことが見えてきました。さらに、、、既存の制作会社が潰れていく気もします。なんだか、発注者サイドの企業は安価で仕事を発注できるのでよいかもしれませんが、各個々人で考えると、、、一億総貧困化プラットフォームかもしれん!!!とちょっとした恐怖心まで出てきました。

気になったので、もう少し検索していると、下記の記事に出会いました。


(参考記事)
キンコン西野氏のクラウドワークス批判記事に対する言及が正論すぎる。クラウドソーシングの本質とは?
http://www.miyahaya.com/entry/2016/02/28/144551

ああ、なるほど。
そう考えると、このクラウドワークスってとても存在意義がありますよね。
いろいろな角度から見ないといけませんよね。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です