歌舞伎座に来たら、 歌舞伎そば でしょ。

もりかき揚げ蕎麦 の写真

もりかき揚げそば _ 歌舞伎そばの人気メニュー(大盛です)

〇歌舞伎座に来たら、 歌舞伎そば に行ってみよう。

歌舞伎座近辺には、 歌舞伎そば のように、昔から歌舞伎座とともに店舗を構えてきた老舗のお店が何軒もあります。

今回ご紹介するお店の名前は、スバリ「 歌舞伎そば 」。そのまんまの名前ですやん!という感じの、歌舞伎座のホームページにも紹介されているほどのお店です。

歌舞伎座が改築される前は、歌舞伎座の隣にあったそうあんんですが、改築時に歌舞伎座の裏っかわの路地に移ったようです。

ここの人気メニューは「もりかき揚げそば」で、お店に来る人の多くはこのメニューを注文しているようです。お値段は470円。そば大盛で70円プラスです。

お店は、歌舞伎座の後ろくらいにある細い通りを入ってちょっと行ったところ。昔風の店構えの入り口が小さなお店です。ガラガラと扉を開けて店内に入ると、細い通路があり、普通は!?そば待ちの人が並んでいます。

このお店、なんだか、独特の空気というか、お店とお客さんの一体感があります。歌舞伎座とともに年月を過ごしてきたお店だけあって、年配のお客さんも多いのも、そういう空気に一役買っているのかもしれませんが、みんな、無言でもくもくとおそばを食べています。


〇並んでみよう

では、早速お蕎麦を食べましょう。このお店でお蕎麦を食べるために、最初にすることは、そば待ちの列に並ぶことです。

しばらく並んでいると、券売機の前に到達します。そうしたら、お目当てのお蕎麦の食券を買いましょう。そして、、、券売機の横の椅子が空いたら、そちらに移り、自分用のお水を冷水器で汲んで、手にもって順番を待ちます

店内は一列のカウンターのみで、カウンター内にはおばあちゃん2人が入っており、かき揚げとおそばをつくっています。自分の番が来たら(席が空いたら)食券をおばあちゃんに渡して、空いた席につきます。すると、すぐに注文したそばが出てきます(早いです)。

今回注文したのは、一番人気の(と聞いている)「もりかき揚げそば」に、「大盛」をプラスしました。出てきたのは、「一番最初に掲示しておいた写真のおそばです。もりそばの端に、バリバリと分解!?したかき揚げが載せられています。大盛を頼んだせいか、お蕎麦をとろうとすると、かき揚げがこぼれ落ちそうです。


〇さて、お味です。

さて、みなさん気になる「お味」についてですが、おそば自体は、まあ普通かなあ・・・というのが私の個人的な感想です。

でもね!かき揚げが美味すぎるんですよ!!

でもね!なんですよ。このかき揚げの美味さは。

お蕎麦をズルズルと食べて、バリバリと小さくしてあるかき揚げを、パクっと食べてみると、!!!!!美味い! となるわけです。

このかき揚げが、おそばとの時間を至福の時間に変えてくれる秘密だったんですよ、きっと。このかき揚げには、さつまいもやかぼちゃも入っていて、パクっと食べると、ほんのり甘く、やわらかい味が ぷわ~っ と広がります。

これを繰り返していたら、大盛のおそばがなくなりました。満足です。


〇食後もね!

食べ終わったら、食器をカウンターに上げて、自分のテーブルを拭いて、ごちそうさま!とおばあちゃんに声をかけて退席していきます。

やっぱり、ながく続いている、行列のできるお店は違いますね!他の店舗とは違う、独自の世界を堪能させてくれます。

歌舞伎座の近くに行った際は、ぜひ、お試しください。


歌舞伎そば(かぶきそば)
03-3543-4510
東京都中央区銀座4-12-2 歌舞伎座裏

歌舞伎蕎麦、店舗の外観

歌舞伎座の裏側にある、歌舞伎蕎麦 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください