Amazon Prime Musicが楽しすぎる件。

Primemusic

ここ数日、アマゾンのPrime Musicが面白くてたまらない。

このアマゾンのPrime Musicとは、「Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲と、数百のプレイリストが聴き放題。」という、既にAmazonのプライム会員にとっては夢のようなサービスである。

ちなみに、Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

サービス内容は、お急ぎ便(当日&翌日配達)無料!や、プライムビデオ見放題!、プライムミュージック聞き放題!などを始め、各種特典付き!!といったもの。これが、月割で325円/月相当の金額で使い放題なんだから、もうたまりません。

そこで、今日は、数日前にハマった「ベートーベン 交響曲第7番 2楽章」の”聞き比べ”についてご紹介しますね!!! プライムならでは!の贅沢な聞き方ができちゃって、もう寝られません。

amazon-prime-music1

ザクザクっと、プライムミュージックで聞き放題になっている、ベートーベンの交響曲7番を検索すると、わんさか出てきます。 その中で目ぼしいものをピックアップして、プレイリストを作りました(自分の聞きたいものをグループとして編集してリスト化して登録できる機能)。

それが、さっきの画像。 これ、全部買ってたら大変!!

これを聴き比べていくと!!!! 本当に指揮者や演奏者による演奏、解釈の違いがはっきりと分かります。 もう、堪りません!

 

↓  ↓  ↓

本日は、このListから特にお気に入りの3つの演奏をご紹介しますね!※あくまで私の個人的な感想ですよ!

まず、最初は カラヤン先生! もう、痺れます。 荘厳で熱く、そして果てしなく美しい。カラヤンの芸術!と言われるのもうなずけます。 ほんと、芸術ですわ!

「カラヤン ベートーベン交響曲全集」から

 

次は、アバドさんのベートーベン。3度全集を出している中の一番最後の演奏からのご紹介です。アバドさん、癌の手術後に復帰してから後の演奏は、もう、なんていうのでしょう、向こうの世界に行っちゃってるんじゃないかと思うくらい、浮世離れした演奏を聞かせてくれます。オーストリアの森の中で、大自然の息吹を感じる、そんな錯覚にとらわれちゃう、自然で美しい演奏。大きなフレーズでの歌わせ方、すべてが自然&必然に感じられて、もうたまりません。

※でも、通の方々ではアバドさんの演奏は賛否両論みたいですね。(われらが小澤さんの演奏もですが)

「アバド ベートーベン交響曲全集」から

 

3つ目は、ちょっと気分を変えて、ピアノ編曲版の”ものごっつい演奏”をご紹介。 実はベートーベンの交響曲にはピアノの編曲版があります。 それがなんと、あの”リストの編曲”というから嬉しい驚きです。 その演奏を聞いてみて、さらにビックリ! というか納得! さすがリスト編曲!すごいです。 ベートーベンのシンフォニーが、また別の魅力でもってズガーンと現れてきます。 楽譜も売ってるので、ピアノ弾きの方、ぜひチャレンジを!

で、今回紹介するのはカツァリスというピアニストの方の演奏(プライムに2人の演奏家のものがあった!)。この演奏、超スケールが大きくて圧倒されました。上の2枚の素晴らしい演奏の後に聞いても、びっくりの演奏でしたよ!

「ピアノ:カツァリス ベートーベン交響曲全集(Liszt版)」から

ということで、今日はこのへんで。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です