「 アンバサダープログラム 」AMN社のお話

写真-2016-09-02-14-04-49

本日は、先日(2016年9月2日)行われた、日本マーケティング協会(JMA)主催の『21世紀型マーケティングの手法と視点』のご紹介、第6回目「アンバサダープログラム」です。

第1回目⇒ その1 ⇒ 2020年ネットリサーチ(MAPS)
第2回目⇒ 
その2 ⇒ 「調査票のいらない調査」GMOリサーチ
第3回目⇒ その3 ⇒ 「即戦力ビックデータ」カスタマー・コミュニケーション社
第4回目⇒ その4 ⇒ 「Around50コミュニティ」R&D社
第5回目⇒ その5 ⇒ 「消費者ボトムアップでつくる最強るランド戦略」クオン社

ということで今日は4番手に登壇されたアジャイルメディアネットワーク社さんの講演内容「アンバサダープログラム」を、私のメモでポイントをご紹介したいと思います。


「アンバサター」って?

インフルエンサー : 影響力のある人
アンバサダー : 商品について強いつながりがあり、周りに勧める人(実際に買った人、周りに聞かれたときに勧める人)
ロイヤルカスタマー : 商品を何度も購入してくれる人

従来のCRM : 顧客のLTVのUPが目的
アンバサダー : 周りに向けて伝えていく(新規顧客へのアプローチ、親善大使)

AMNのアンバサダープログラム

AMNのアンバサダープログラム


「アンバサタープログラム」って?

今、同社では、50グループくらいのアンバサダープログラムを実施している。

プログラムは、5つのステップに分けて提供している。


「調査」ブランドのクチコミをツールとアナリストで調べる ⇒必要なプログラムの選定へ

「アンバサダープラットフォーム」アンバサダーを効果的に蓄積する(影響力のある人を特定していく)

「1次リーチ」クチコミをソーシャルグラフや検索で新規層へリーチ。クチコミの量の例も見えてきた

「2次リーチ」AD&まとめサイトを活用して2次リーチ

「効果測定」


感想)

アジャイルメディアネットワークさんは、業界の超有名人になられた徳力さんが、ブロガーを束ねて起こした会社さんで、この業界の超老舗企業さんです。当然、各種事例も豊富で多くの企業でアンバサダープログラムを実施されています。この蓄積が素晴らしいですよね!


今回の各社の内容からの「まとめ」

こちらのまとめは、今回のセミナーの最後に司会者の方がまとめられた言葉です。

①ほとんどの企業/サービスが ネット&IT/デジタルという技術をベースとしている。
②ほとんどの方が、自社以外のいろんな会社の知見/パートナー企業のものを使う、取り込んで話をされていた。
やっぱり「人」
⇒ イベントとか、対面含め「顔」が見える、
⇒ 人が介在して、そこに対する「熱い思い」、
⇒ 「熱量」のようなものが商品お購入に結びつきやすい。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です