「日本はこんなにスゴイ!」ブームがやってきた!?

富士山
先日、こんなニュースがありました。


書店で“嫌韓・嫌中本”をしのぐ勢いで売れているのが「日本はこんなにスゴイ!」と褒めたたえる“日本礼賛本”だ

なんだそうです。

日本人の感情が、今までの『寡黙が美徳の日本人』というイメージから、言うべきことはきちんと『主張すべし』という風潮流れのなかのワンステップなのかもしれない、、なあ、思いながら読みました。

まあ、近隣某国から毎日のようにけなし続けられていては、反論のひとつやふたつしたくなるというものでしょうか。

でも、まあ、この不安定な時代に、諸外国と伍していくには必要な要素といいましょうか、ステップの一つなのかなああ、なんて考えてしまいました。

すいません、、今回は(も?)あまり内容の無い文章になりました。

 

日本礼賛本:嫌韓・嫌中しのぐ勢い? ブームの理由を探る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です